米国務省における米国とオーストラリア間の二国間外交
Vector illustration of America and Australia flag symbols. The concept of trade and relationships.

7月28日、米国務省は、二国間外交および国防相の協議を開催しました。 米国のポンペオ国務長官とエスパー国防長官、オーストラリアのペイン外相とレイノルズ国防相。

これに先立ち、ジョン・リー(ハドソン研究所の上級研究員、オーストラリアの元国家安全保障顧問)は7月27日にウォールストリートジャーナルに次のように書いている。「オーストラリアは中国をチェックする努力を倍増している。トランプは彼の同盟国に協力を求めている。オーストラリアは勇気と決意を持ってそうしている」と述べ、中国との関係における米豪協力の強化を歓迎した。 この社説は、米豪「2 + 2」会議が終了する前に発行されたものですが、オーストラリアの考え方をよく理解している社説です。

7月27〜28日の米豪会議の結果、共同声明が発表されたが、南シナ海の主権に対する中国の主張は「国際法の下では無効」であり、中国の覇権行動に対抗したことを繰り返した。 私は自分の立場を示しました。 彼はまた、2016年のハーグの仲裁裁判所の決定に対する支持を表明し、香港の国家安全保障法の施行とウイグル人権の抑圧について「深刻な懸念」を表明した。

ポンペオ国務長官は、終了後の記者会見で、中国への対応について日本やインドなどに協力すると述べたが、日本は南シナ海の九段線の主張をまったく受け入れることができない。 したがって、米国やオーストラリアと同様に、南シナ海の主権を主張する中国は国際法上違法であり、無効であるとの声明を出すことができるかもしれない。

冷戦の定義にもよるが、現在の米中紛争は冷戦と呼ばれるに値すると判断されている。

前回の米ソ冷戦では、キャッチフレーズは「封じ込め」でした。 「封じ込め」は誤解されることもありますが、違法な手段を使わない国々に共産主義体制を確立し、その拡大を抑えることを目的とした政策です。 、ダレス国務長官らが当時言った「ロールバック」よりも穏健な政策だった。

今後の中国政策にはどのようなキャッチフレーズが良いのかを慎重に考える必要があるが、「国際法の遵守」がキャッチフレーズだとしたらどうだろうか。 中国に対し、一国二制度を50年間約束した中英共同声明などの条約を遵守し、南シナ海における根拠のない主権主張を撤回するよう要請した。 それは行くでしょう。 条約や国際法を遵守していない国と安定した関係を築く方法はありません。

中国の政治体制自体の変化は、中国国内のさまざまな事情の進展に委ねることができ、それが問題であってもうまくいかない。

また、覇権行動の定義は難しいが、日中友好条約には覇権禁止条項があるため、その条項に基づいて中国側に申し出ができる可能性がある。

米中冷戦は日本にとってそれほど悪いことではないと思います。 東アジアにおける米中共謀や米中共同支配よりもはるかに優れている。 米国と中国の間の冷戦は、米国と中国の両方にとって日本の価値を高めるでしょう。 一つ選ぶ必要があると言う人もいますが、その場合は迷わず同盟国のアメリカを選ぶことができます。 日本の領土を奪取するのか、それともそうしようとしている国を占領するのかは明白で議論の余地がありません。

おすすめの記事