台湾経済文化代表処をめぐって中国が香港へ圧力

中国は、香港の台湾経済文化代表処を香港から追放するようさまざまな圧力をかけています。 海外の外交使節団の閉鎖に関しては、ヒューストンの中国総領事館と成都の米国総領事館をめぐって、米国と中国の間で激しい対抗措置がとられたばかりです。

予想通り、香港の台湾駐在員事務所の閉鎖の問題は、米中関係が中国と台湾の関係に直接波及した結果である可能性が高い。 同時に、中国の観点からは、「香港国家安全保障法」が香港で施行され、香港の民主化を強化し、台湾に対して厳しい措置を講じることを想定する必要があります。

ブルームバーグは7月21日、中国による香港の台湾駐在員事務所の事実上の追放について、香港を中国と台湾の間の角地の最前線として説明する解説を投稿した。 やっています。 ブルームバーグの解説は、香港をめぐる中国と台湾の間の未発表の交換について説明しています。

中国の立場は蔡英文政権に反対している。台湾当局が香港に駐在員事務所を置きたい場合は、駐在員事務所の職員が「一つの中国の原則」に署名する必要があり、そうでない場合は駐在員事務所を閉鎖して香港から離れる必要がある。香港。

台湾は主権を確立した独立国であるという立場を明確にする一方で、蔡英文民主進歩党政権は、中国を不必要に刺激したり挑発したりしないように「現状維持」のルートを維持する。 彼は香港からの政治難民を受け入れるという彼の立場を公言しました。

台湾にとって、「一国二制度」の下での香港は、中国と台湾の間の「緩衝地帯」としての役割を果たしたと言えます。 しかし、ブルームバーグの記事は、香港国家安全保障法の制定後、香港は台湾にとって「もう一つの中国の都市」に過ぎないと指摘している。

将来、香港からの政治亡命希望者が台湾に受け入れられるのは興味深いことです。

現在、台湾と香港間の人の往来を見ると、旅行者、留学生、移民などを含めて、年間約650万人が行き来していると報告されています(台湾の総人口は2300万人です)。

台湾経済と中国経済の相互依存関係はすでに高い水準に達しているが、香港は台湾の対中輸出の約30%を占めており、かなりの量である。 台湾にとって、香港だけでなく、中国との貿易・投資関係全般への依存を減らす方法は、長年にわたって緊急の課題でした。

台湾企業の東南アジア諸国への移行と蔡英文政権下の「新南方政策」と呼ばれる台湾への復帰が徐々に進んでいるとのことですが、実は聞いてみたいと思います。今日の変化についての台湾当局の発表。

最近、台湾のメディアでは「できるだけ香港に行かないように」という議論が盛んに行われています。 香港については、米国、英国、カナダ、オーストラリアなどがすでに中国との既存の「犯罪人引渡し条約」の廃止を報告しているが、「国家安全保障法」により施行される。 香港では外国人が恣意的に逮捕され、いつ中国に移送されるかわからないという状況にあるに違いない。

おすすめの記事