香港国家安全保障法と中国と香港の関係

香港国家安全保障法は、6月30日、中国議会に相当する全国人民代表大会常任委員会(NPC)によって満場一致で可決され、同日午後11時に発効した。 香港基本法第18条附​​属書3を用いて作成されたものですが、「一国二制度」の基盤を揺るがすものであり、世界各国から懸念があります。 法理論の観点から、日本人で唯一の香港基本法を専門とする大東文化大学国際関係学部の廣江朋子准教授に話を聞いた。

中国本土と香港の関係は、日本では政府と都道府県ですが、国会で制定された法律と地方自治体の条例は一貫しています。 ただし、中国と香港の場合、「一国二制度」制度が採用されているため、中国本土で適用されている国内法(国内法)は基本的に適用されていません。 言い換えれば、香港基本法は香港で最高の法律です。

また、香港で採用された法制度は英国植民地時代の地下室であり、判例を積み上げる慣習法であり、法制度自体は中国本土とは異なります。 このような状況下で社会活動や経済活動を行うと、必然的に法的な矛盾が生じます。 したがって、NPCには解釈する権利があります。

香港政府は、1999年に中国本土の人と一緒に香港市民に生まれた子供が中国で生まれたとき、最初にNPCに解釈を委託しました。「子供は香港の居住権を持っていますか?」 それは問題でした。 その結果、香港終審法院(最高裁判所に相当)が居住する権利を有していたが、香港政府は中国からの多数の移民を恐れ、香港基本法の文章を解釈した。 、NPCで問題となっていました。 私は尋ねた。 その後、NPCは(今では信じられないほど)最高裁判所の判決を無効にしました。

「香港への移民の増加を懸念して、中国に汚い役割を求められたところがあったと言われている。その解釈は例外だったという側面もある。それを含めて、これまでのところ全国人民代表大会5議会は一度解釈したが、そのうちの3つは政治的であり、すべて民主化の問題に関連している。それらはすべて中国側に賛成していた。」

国家安全保障法を制定したとき、多くの人々が驚いた。 香港基本法第18条附​​属書3の使用については、「第18条の起草過程を見ても、禁じられた者に近いものがあると思う。具体的かつ立法的な文章である。中国と英国の共同声明の附属書1のセクション2の第3段落に書かれているが、それは中国の法律をできるだけ使わないことを目的としていると言われている。これに関連する法曹界からの様々な論文がある。 「」

「一方、北京大学法科大学院のシャオ・ジンユン教授や中国社会科学院法研究所所長など、中国側の香港基本法起草委員会のメンバーの観点からは、主権に関する法律を適用する必要があります…それは第18条です。」 1つの記事でさえ異なる見方をしています。

「これまで、附属書3に記載されている国内法は、国籍や大陸棚などの人権や生活とは何の関係もありませんでした。そのため、中国は本文に書かれていることを自由に使用できます。側面があると思います。立法の目的を無視することの」

おすすめの記事