Explode

8月4日の夜、レバノンの首都ベイルートの港湾地域で2回の大規模な爆発が発生し、100人以上が死亡し、約4,000人が負傷しました。 衝撃は、280キロ離れた地中海のキプロス島にも伝わりました。 貯蔵された硝酸アンモニウムが事故で爆発したという強い見方がありますが、イスラエルの妨害理論もあります。 国の「絶望」は、デフォルトと反政府抗議の増大する混乱に圧倒されてきました。

ゴーンの脱出家への損害

それでも、それはひどい爆発でした。 地元メディアなどによると、爆発は数秒以内に2回発生し、2回目の爆発ははるかに大きかった。 直接の原因は、倉庫に6年間保管されていた2750トンの化学物質「硝酸アンモニウム」が火災で発火したことと思われます。

この場所は、キリスト教徒の集落であるイーストベイルートの繁華街に近く、多くの家、店、レストラン、ナイトクラブが被害を受けました。 日本大使館とレバノン首相官邸も約2kmです。 ブラジルの新聞によると、昨年末に日本から逃亡した元日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏の住居も、約5キロ離れたアシュラフィーにあり、キャロル夫人は家が「壊れた」と述べた。

小さな国であるレバノンは、中東の「ソフトフランク」と呼ばれ、多くの宗派を持つモザイク国家です。 フランスのかつての植民地として、自由な空気が溢れることから中東ではスイスとも呼ばれていました。 特にベイルートでは、ナイトクラブやカジノが盛んになり、ペルシャ湾から多くの裕福な人々が夜の歓楽街を求めて訪れました。

しかし、中央政府の弱さにより、1975年から1990年にかけてキリストとイスレムの間で内戦が続いた。この間、シリアとイスラエルは軍事的に介入し、イランとサウジアラビアは水面下で影響力を行使し続けた。 多くの武装集団のギャングが混雑し、ベイルートでは毎日爆弾が発生し、外国人を誘拐する人質事件が頻繁に発生しました。

1982年、国を侵略したイスラエル軍がパレスチナのゲリラを追放した後、米国、英国、フランスの平和維持軍が安全を維持するために一時的に駐留した。 しかし、平和は一瞬でした。 1983年4月、ベイルート西部のイスラム地区にある米国大使館が爆破され、60人以上が死亡した。

10月、テロ組織「イスラム聖戦」の爆弾トラックが米海兵隊本部とフランス軍本部に突入し、241人の米海兵隊と70人のフランス兵を殺害した。 当時、私は通信社の記者としてベイルートに駐在しており、事務所は地中海の近くにありました。 この2回の爆弾事件の際、私たちは現場に散らばっている遺体にインタビューしました。 多くの市民は、これらの爆弾事件にこの爆発を重ね合わせたでしょう。

腐敗、景気後退、コロナ

昨年10月ごろ、市民の苦痛が深まり始めた。 景気後退に苦しむ政府が増税の動きを見せていることから、若者を中心に反政府抗議が始まっている。 若者たちは、国内で「風土病」と呼ばれる政治家の腐敗を非難し、失業率の悪化に抗議した。 デモは全国に広がり、ハリリ首相は同月末に辞任を余儀なくされた。 しかし、輸入品の不足が明らかになり、インフレが高まった。

政治的腐敗は構造的です。 各宗派には独自の利益、民営化された公共事業、搾取された税金と国際援助があります。 現実には、政府と行政は「バクシーシ」(賄賂)なしでは上から下へと移動することはほとんどできません。 ディアブの新政権が誕生した後も、景気後退は止められず、ドル不足のため、銀行によるドル預金の引き出しは200ドルに制限され、国民の不安を高めていました。

3月にデフォルトに落ち、1ドルあたり1500レバノンポンドの為替レートは80%下落しました。 自殺が増え、殺人が倍増し、治安は悪化している。 その間、新しいコロナウイルスの感染が広がり、市民の生活は悪化しました。 電気は1日約4時間しか供給できないという現実は、窮状を浮き彫りにしている。

政府は国際通貨基金(IMF)に100億ドルの融資を申請しましたが、約束された政治経済改革に失敗し、支援を受けることができません。 レバノン経済は輸入に依存しており、一部の農産物を除いて輸出できるものはほとんどありません。 その結果、中央銀行は高い金利を設定し、裕福なレバノン人と海外の投資家からドルを集めました。 しかし、国が破産した場合、預けたドルは返還されません。 この状況を恐れていた投資家はドルを撤回し、経済危機は突然悪化した。

世界銀行はレバノンの貧困層が50%に成長すると警告し、人権団体は政府が適切な措置を講じなければ数百万人が餓死する可能性があると警告しています。

おすすめの記事