WTOのアゼベド事務総長は、8月末に辞任する意向を突然発表。

WTO事務総長アゼベドは突然5月に辞任する意向を発表し、8月末に引退する予定です。 新しいWTO事務局長は11月に選出される予定です。

現在、ナイジェリアのンゴジオコンジョイワレラ(元財務大臣兼世界銀行副総裁)とケニアのアミナモハメド(元教育長官兼WTO大使)の2人の女性が有望であると考えられています。 候補者は7月中旬に理事会(選挙プロセスを監督するNZ会長)で彼らの信念を発表し、現在選挙運動を行っています。 総評議会の議長は、9月初旬から非公式かつ秘密裏に加盟国の選好を協議・統合し、最終的に加盟国の合意に基づいて選好する(WTO決定原則)。 最終決定は11月頃になる予定です。 今回の選挙では、韓国が産業通商資源部貿易交渉部長の兪明希氏を任命し、韓国メディアなどが日本に対して強い関心を示している(日本の発言拘束)。 日本はアフリカのナイジェリアとケニアの候補者を支援すると言われています。

貿易の自由化と貿易秩序の維持におけるWTOの一般的な役割が現在低下しているのは残念なことです。 1995年のウルグアイラウンドから25年後、WTOは今日まで貿易の自由化とルール作りにおいて主要な役割を果たすことができませんでした。 WTOの重要な成果であった紛争解決は、特に上級委員会に関して、米国から他の国々にも広がっています。 日本も韓国の水産物輸入制限に関する下級委員会で勝利したが、韓国は上訴し、昨年4月に上級委員会は日本を失うことを決定した。 上級委員会が合意の任務から逸脱し、規則制定に着手したことが批判されている。 紛争解決は基本的に文章に照らして判断されるべきであり、それが書かれていないと考えるのは加盟国次第です。 規定を明確にする必要がある場合、加盟国が協定を交渉し、修正することは正しい方法です。 また、苦情件数が増加し、紛争解決において二国間で解決すべき事項が取り扱われ、政治問題も発生しています。 典型的な例は、韓国への3つの半導体材料の輸出管理の強化に関する韓国による最近の日本の訴訟です。

新しい事務総長の期待は何ですか? フィナンシャルタイムズの社説「WTOの役割はこれまで以上に重要である」と8月5日付けで、「貿易技術の詳細の専門家ではなく、事務総長を成功させるためには、EU、米国、中国が必要です。 EU政府との信頼関係を築き、仲介者となる。貿易自由化の進展は、最終的にはWTOではなく加盟国の意欲によって決まる。それをまとめる上で重要な役割を果たす」と述べた。 、次のWTO事務局長には、貿易の技術的詳細の専門家ではなく、加盟国の仲介者として行動できる人物が必要であることが指摘されています。 これは非常に正確です。 この考えに基づいて、11月に優秀な事務局長が選出されることを期待しています。 WTOは依然として重要です。 適切な事務局長の下で役割が回復することが望まれる。

おすすめの記事