元スペイン国王フアンカルロス1世(82歳)の事実上の「亡命」

元スペイン国王フアンカルロス1世(82歳)の出国のニュースが8月3日にスペイン国民を驚かせました。 翌朝、全国の新聞がトップページで広範囲に報道しました。 民主的な英雄はどうなりましたか?

事実上の「亡命」は、スペイン王室が2014年に退位した現在の王(52歳)である息子のフェリペ6世に手紙を出したときに発見されました。前王は、「王の意図的な決意をお伝えします。スペインから移動します。」

スペインでは、独裁政権は1939年から1975年にフランシスコフランコが亡くなるまで続きました。大統領の死後、元国王が王位に就き、1981年にフランコクーデターを止めました。 民主化の英雄として、彼は長年人々に支えられてきました。

なぜそのような元王はスペインを去ることを決心したのですか? スペインでは、退位後も過去の愛人問題や金銭的疑惑が次々と浮上しており、王室や息子たちへの批判の高まりを避けるためだと考えられています。

2012年4月、スペインの経済危機の間、元国王は愛人と論争で象を狩るためにアフリカのボツワナに行きました。 女性は6500万ユーロ(約79億円)を受け取ったと報告されています。 前国王は「ごめんなさい。私の間違いでした。二度と繰り返さない」と謝罪しましたが、国民の反対が強まりました。

「彼が有名な象の狩りの前に死んだならば、民主化の奇跡をもたらしたこの男は英雄として死んだでしょう」と元王に精通しているフランスの歴史家、ロランス・デュブレは言いました。 私はPiceに話しました。

元国王は、2008年から2012年の期間、隠されたスイスの口座から毎月数十万ユーロを引き出しました。 10年の間に、総額150万ユーロ(約1億7000万円)の現金引き出しの証拠が見つかりました。

さらに、王室への信頼を失うことにつながる一連の事件がありました。 元オリンピック選手、現在の王の妹であるクリスティーネ王女の夫は、公金の横領で逮捕されました。 彼は5年の懲役10月に有罪判決を受け、2018年から刑務所に入れられています。

そして今回、前国王の辞任を決定した最大の要因は、サウジアラビアの高速鉄道建設計画に対する1億ドル(約105億円)の賄賂であった。 今年の3月、スイスとスペインの検察官が調査を開始しました。

元国王の弁護士は、彼が調査に協力する準備ができていること、そして彼は「逃げ道ではない」ことを彼に思い出させます。

しかし、バルセロナを拠点とするクリスティーナ・ビックさん(33歳)は、「生まれてお金を心配する必要のない王室は必要ない」と語った。 世間の反応はもはや肌寒いものではありません。

コロナ大破の経済危機が叫ばれる中、王室への反対は今後激化するでしょう。

おすすめの記事